中学生は修学旅行や野活などのイベントも終わり、来月には中総体、そして前期中間です。
高校生は、今週、高総体が終わると定期考査です。

運動部の生徒はだいぶ疲れがたまってきているようですが、時間を見つけて準備を進めておきましょう。

この春、模擬試験や高校入学後の最初のテストなどで好成績だった生徒が多数います。
単科や三教科で1位など、嬉しそうに話す生徒を見るのはやはりいいものです。
他には、英語が苦手で入塾した生徒がもはや弱点とは言えないくらいまでできるようになったのが印象的です。

今回に限らずですが、成績が上がる生徒は、勉強を始めて直ちにできるようになったわけではなく、常に、自分の『直すべき所を意識して解く』を繰り返していました。

何人かの生徒には話しましたが、
質や量の前に、勉強に対する自身の姿勢が重要だと思っています。

受験生に限らず全生徒に必須であると考えているので、今後も授業の合間などにこういった話をしていきたいと思います。

 

 

2018/6/3塾長日記